横須賀の歴史紹介

神奈川県横須賀市には様々な歴史があります。特に港町としての外国との交流の歴史、大戦後の米軍基地の歴史、また明らかに近隣の都市とは違った独自の歴史が多いのも特徴です。横須賀は神奈川県内の海沿いに位置する都市のひとつです。横須賀市は三浦半島の先端に近い場所に位置し、多くの人口を抱えています。
歌の歌詞に登場することも多いのが横須賀の特徴ですが、それほどまでに多くの要素を持った街ということができるでしょう。国際港湾都市としても任命をされており、現在では既に40万人を超える人口が住んでいますが、必ずしも増加傾向にある訳ではなく、2005年から2010年の国税調査ではやく1万人ほど減少しています。
横須賀市を持つ三浦半島には2万年以上も前から人が居住していたとも言われています。これは旧石器時代にあたり、石器をたたいて打ち割って作っていた時代です。また、江戸時代の幕末時代には黒船の立ち寄り港としても栄えたことで知られています。また、戦後の荒波の中で米軍の在留地に選ばれ、その影響を今でも色濃く残しています。基本的には横浜市のベッドタウンとしての機能を今では有していますが、それでもいろいろな面を持つのが横須賀市です。
そんな横須賀の歴史や、観光的な魅力、そしてグルメなどの情報をお伝えしていきます。横須賀の魅力をたっぷりご紹介します。